• 変わらない構造
    電気で動く機械のほとんどに、リレーという名の部品が入っています。スイッチを入れると機械が動き出す。それは、スイッチを入れた人にとっては一瞬…
  • 電磁石と接点機構
    電気機械のスイッチ部分に入っている部品であるリレーは、日本語では継電器と呼ばれています。電気を継ぐ(或るところから別のところへつなぐ)ことをするための構造を言うので、この…
  • 電気が付くまでに
    1本のバトンを伝え合って先につなぎ、ゴールしていく陸上競技があります。走者が一定間隔ごとに立っていて、1人目が2人目へ、そして3人目へ……というふうにつないでいきます。

電子工作

普段、それほど電気機械の中身に興味がない人にとっては、スイッチを入れてテレビが付いたり、電子レンジがコンビニ弁当を温めはじめるのは当たり前のこと。
リレーという部品が、電機店やネットで販売されていると聞いても、首をひねることでしょう。… Read more

半導体

リレーという技術は、考案され、実用化されてから長い時間が経っている物です。その構造は単純で、理科を学んだ小学生でも何となく理解できるレベルの物です。
コイルから鉄片へ、そこから電流を流し込むために開く接点機構へ電気が走っていくという構造は、非常にシンプルなものなのです。
各メーカーが価格設定を安くしているのも、そこに理由があります。… Read more

使われている物

「使われている物」という小見出しを付けましたが、このように書かれると、リレーという部品が何だか特別な物のような感じがします。
しかし、さまざまなメーカーが安い価格設定で世に送り出しているリレーは、特別な部品というわけではありません。
というのも、この世に存在する、スイッチを入れて動き出すというあらゆる機械の中に入っていると言っても過言ではないからです。
電源を入れると画面が立ち上がるパソコンの、その電源部にもリレーが入っています。… Read more

アーカイブ
カテゴリー